西洋占星術

【2021年はいつ起こる?】実は毎月ある満月の別名【まとめ】フラワームーン、ストロベリームーン…

2021年5月26日は、皆既月食でした。

全国的にみられる皆既月食は2018年7月以来、3年ぶりだそうです。

午後8時過ぎと、大人も子供も観測しやすい時間。

夕方は薄曇りで期待できたところも月蝕の時間は雲に覆われ、観測できなかった地域が多かったようです。。。

みなさんは、観測できましたか?

2021年5月26日の皆既月食は名前が盛りだくさん

関連する記事を読むと、今回の皆既月食は様々な名前がついていることがわかります。

ちなみに、今回の月食(満月)は、スーパームーンであり、ブラッドムーンであり、フラワームーンでした…!たくさん名前がある。

NASAのコラム。タイトルが変身魔法みたいでかっこいい(笑)

solarsystem.nasa.gov

毎月、満月になると「〇〇ムーン」という月の別名が、ツイッターやネットメディア、テレビの気象情報などで話題になりますよね。

およそ1か月に1回起きる満月には、愛称のような名前がついています。

占星術をたしなむ者として、満月の日程は把握していますが、毎月の別名はなんだか毎回調べているような気がするので、備忘録としてまとめました。

2021年版の満月の日付と、サインも一緒に掲載していきます

月の別名はどこから?

f:id:moon_bookmark12:20210526185148j:plain

もともと、アメリカの先住民たちが、種まきや収穫などのタイミングを測るために、毎月の満月につけた名前が由来だそうです。

そのため、動物やイベントなど、季節に関する単語がついています。

また、この月は必ずこれ!というわけではなく、いくつか呼び名があるようです。

今回は、アメリカの雑誌「Farmer’s Almanac」の記事をもとにまとめました。

 1月~12月の別名

1月 Wolf Moon  ウルフムーン

ウルフムーン(狼月)です。

 真冬の冷たい雪の中、村の外で狼たちが遠吠えをする時期だから。

2021年のウルフムーンは1月29日@獅子座

2月 Snow Moon  スノームーン

スノームーン(雪月)です。

 もっとも雪深い時期の満月にちなんで。

2021年のスノームーンは2月27日@乙女座

3月 Worm Moon  ワームムーン

ワームムーン(芋虫月)です。

 暖かくなりはじめ、地面の雪が解けてミミズ(earthworm)が顔を出す季節だから。

2021年のワームムーンは3月29日@天秤座

4月 Pink Moon  ピンクムーン

ピンクムーン。

早春に咲く花、ハーブモスピンクやフロックスの季節にちなんで。

f:id:moon_bookmark12:20210526204703j:plain
フロックスはこんなお花

日本は桜の季節だから(東京以南は満開を過ぎることが多いけど)
なんとなく親近感がありますね。

2021年のピンクムーンは4月27日@蠍座

5月 Flower Moon  フラワームーン

フラワームーン

 ほとんどの地域で花が咲き乱れる季節にちなんで。

2021年のフラワームーンは、5月27日@射手座

6月 Strawberry Moon  ストロベリームーン

ストロベリームーン。

 短期間だけ訪れるイチゴの収穫シーズンだから。

ヨーロッパではローズムーンというらしい。

どちらも赤くてきれい。

2021年のストロベリームーンは6月25日@山羊座

7月 Buck Moon   バクムーン

バクムーン(男鹿月)

 鹿の角が生え変わる時期だから。

2021年のバクムーンは7月24日@水瓶座

8月 Sturgeon Moon スタージェンムーン

スタージェンムーン。

Sturgeonとは、チョウザメのことです。

キャビアにもなるチョウザメの卵。

このチョウザメが簡単によく取れる季節だったから。

 2021年のスタージェンムーンは8月22日@水瓶座

9月 Harvest Moon  ハーベストムーン

ハーベストムーン(収穫月)

これはイメージしやすいですね。

農作物の収穫が盛んにおこなわれる季節だったから。 

 2021年のハーベストムーンは9月21日@魚座

10月 Hunter’s Moon  ハンターズムーン

9月に収穫の時期を迎えたことで畑は開け、

穀物を取りに来たキツネたちをハンターが見つけやすい季節だったことから。

2021年のハンターズムーンは10月20日@牡羊座

11月 Beaver Moon ビーバームーン

ビーバーは、人が冬をしのぐための暖かい毛皮として重宝されていたようです。

沼が凍る前に、ビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける季節に由来。

ビーバーが巣作りを始める季節だからという説もあるそう。

 2021年のビーバームーンは11月19日@牡牛座

12月 Cold Moon コールドムーン

コールドムーン(寒月) 

夜は長く、寒さが厳しい季節だから。

 2021年のコールドムーンは12月19日@双子座

特別な満月の名称

「何月に起こる満月か」に関する別名のほかに「特殊な条件の満月」を指す言葉も存在します。

ブルームーン

1か月に2回、満月が起こるときの2回目の満月の名称。

ブラックムーン

1か月に2回、新月が起こるときの2回目の新月の名称。

ブラッドムーン

皆既月食のこと。

赤黒い月に見えることから。

スーパームーン

「1年間で一番大きく見える満月」

とされることが多いです。

しかし、「スーパームーン」は天文用語ではありません。

たしかに、「大きく見えるとは?」の定義も明確ではなさそうです。

「スーパームーン」という言葉については、国立天文台の記事に詳しく書いてあります。

「スーパームーン」という言葉を広めたのは鏡リュウジ先生…!?

このスーパームーンという単語。

いまや新聞、テレビ、気象協会も使っていますが、日本で広めたのは、あの鏡リュウジさんらしい…!!

 ご本人がこんなツイートをされていました。

このあたりの言葉の流れも、また別の機会に考えてみたいとろこです。

今回はここまで。

これからもどうぞよしなに。